A to Z News

不動産、保険、税金、心理、イベント等の役立ちニュースを配信します!

A to Z News
Pocket
LINEで送る

大谷翔平の海外の反応!3試合連続HR!イチローコメントがヤバイ!

2018年04月12日 [ 大谷翔平、海外の反応、3試合連続、イチロー ]
スポンサードリンク

リスクゼロで圧倒的な報酬獲得する“超楽勝” なビジネスとは?

Pocket
LINEで送る

大谷翔平の海外の反応!3試合連続HR!イチローコメントがヤバイ!

 

エンゼルスの大谷翔平選手ですが、3試合連続ホームランや、投手として2勝目を挙げて、バッター、ピッチャーの二刀流のすごさが全米、いや世界の注目となっていますよね。

 

この活躍に対して、海外のマスコミ、各著名人、スポーツ関係者の反応がすごい物がありますが、やっぱり一番聞きたいひとのコメントは、この人では無いでしょうか?

 

そうです。

 

イチロー選手が、エンゼルス大谷翔平選手のこの2週間の活躍について、どのように考えているのかしりたいですよね。

 

イチロー選手が、コメントされていましたので、紹介します。

 

スポンサーリンク



大谷翔平の海外の反応!3試合連続HR!イチローコメントがヤバイ!

 

コメント:その1

 

「スター選手は、正しいときに輝きを見せる。彼が、今していることはスター選手とそうでない選手との違いでもある。注目が集まる中ですべてをやっているのだから。ただ信じられない」

 

このコメント、スター選手であるひとしかコメントできない内容ですね。

 

この「正しいとき」という言葉が、意味深げに感じるのは私だけでしょうか?

 

つまり、注目を集めた時に、その力を発揮できるのかどうか?

 

そのメンタルの強く、ここぞのタイミングで、いつも通り、練習通りの動きができるのか?それを言いたいのかもしれませんね。

 

大谷翔平の海外の反応!3試合連続HR!イチローコメントがヤバイ!

 

コメント:その2

 

「大谷のどっしりとした心構えが身体的、精神的、感情的な面で、切り抜ける上での助けになる。僕は、他の人々と同様に大谷がマウンド上、そして打席で素晴らしい結果を残していることにも衝撃を受けている」

 

やっぱり、イチロー選手にとっても、大谷翔平選手のバッター、ピッチャーとしての二刀流には衝撃なのですね。

 

日本での二刀流の活躍の情報は知っていたはずですし、また、個人的人も交流があったと思います。

 

その事前の十分な情報をしっているにも関わらず、衝撃を受けたということですから、裏を返せば、イチロー選手的には、メジャーリーグでは二刀流は通用しないと考えていたのかもしれません。

 

スポンサーリンク



大谷翔平の海外の反応!3試合連続HR!イチローコメントがヤバイ!

 

コメント:その3

 

「大谷の二刀流が控えめであっても素晴らしいこと」

 

このコメントも意味が深いように思いました。

 

「二刀流が控えめ」とコメントされていますが、実情を知るイチロー選手にとっては、まだまだ控えめな出だしだと考えている様ですね。

 

私は、十分派手に見えるのですが、イチロー選手が「こんなものではない!」と思っているところが、秘めたる実力はまだ出していないと考えているのでしょうね。

 

大谷翔平の海外の反応!3試合連続HR!イチローコメントがヤバイ!

 

コメント:その4

 

「大リーグで投げる、大リーグで打つということは、それぞれが共に良いパフォーマンスでなければ難しいこと。彼は両方を高いレベルでこなしている。両方でこれまで残している結果はただ信じられない」

 

ベーブ・ルース以来、二刀流で実際に活躍した人がいないということは、やはり、大リーグでのバッターとして、ピッチャーとしての、単独でのパフォーマスでも、厳しい世界が待ち受けているということですね。

 

またベーブ・ルースの時代とは、トレーニング方法、情報の分析等がまったく違う現実を鑑みると、やはり大谷翔平選手は、異次元の世界での野球としているのだと、改めて思います。

 

大谷翔平の海外の反応!3試合連続HR!イチローコメントがヤバイ!

 

コメント:その5

 

「投手として対戦したい。もし対戦する場合は、ど真ん中に直球を3球続けて投球する。→「三球三振?」→「いいえ。大谷が最低でも500フィート(約152メートル)飛ばすでしょう」

 

これ驚きのコメントです。

 

そして、ど真ん中直球三球勝負とイチロー選手は言っているのですが、三球三振ではなく、ホームランを打たれると、最後には大谷翔平選手をたてるコメント。

 

そして、距離は152メートル。

 

バッター大谷翔平もバッターイチローとしては、ありえない存在となっているのですね。

 

スポンサーリンク



Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

リスクゼロで圧倒的な報酬獲得する“超楽勝” なビジネスとは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。